• 慎也 松木

沖縄の不動産は○○と○○がアツい

更新日:5月10日


こんばんは、松木です!


去年、今年と沖縄に頻繁に不動産の視察に行ってるのですが、大阪では出来ない沖縄独自の不動産がありまして、それが


  • 軍人用賃貸物件

  • 軍用地


この2つになります。


「軍人用賃貸」というのは、その名の通り、米軍さんに貸す用の物件になります。


なぜ、軍人用賃貸がアツいかというと、軍人と軍属には階級に対して細かく家賃設定が定められており、例えば、日本だと、一般公務員の家賃手当が最大27,000円なのに対し、米軍人の家賃手当は低い階級でも約15~16万円は保障されており、高い階級になると30万円以上の支給があります。


軍属だと所属している本国の会社の家賃手当次第ですので、低い方では10万円程、医者や弁護士のような軍属の方だと50万円が支給されるケースもあります。


更に、日本では家賃手当は世帯主のみの支給ですが、夫婦で軍人の場合は夫婦ともに家賃手当が支給されます。


つまり、、、


一般に貸し出すよりも高い家賃を付ける事が出来て、上手く建てると利回りも20%以上が期待出来るわけです。



ただ、軍検査というものがあり、住宅検査や物件情報、軍人軍属への家賃支給などを統括している事務所からの検査で合格しないと賃貸には回せないルールになっているので、


  • 建てる時にしっかり基準を満たして建てる

  • リフォーム時に基準を満たすリフォームをする


必要があるのが面倒なところです。



しかし、参入障壁が高いビジネスが好きな僕からすると楽しいので参入は決定で、物件探し中。



次に「軍用地」ですが、簡単に言えば米軍基地、自衛隊施設として使用されている土地の事です。


その土地を買って、国に貸して、借地料をもらおう!


というのが「軍用地投資」なわけです。


こちらは一般的に買うと、先ほどの住宅と比べて年利も2%前後とかなり低め。


しかし毎年1%ずつ程上がっている部分と、空家リスクや遅延リスクが皆無なので、かなり固いローリスク、ローリターンの投資になります。


僕的には5%に近付けたいので、もう少し探しますが3%でもポートフォリオには入れたいので全然買おうかなと思ってます。


貧乏な人ほど、めちゃくちゃ利回り重視で探しますが、基本は固さが一番重要です。


固い投資をしていれば、信用が付き、担保になり、借入れ出来るわけですからね。


という事で沖縄で不動産をするならこの2つは選択肢に入れた方がいいですね!


ではでは!


0件のコメント

最新記事

すべて表示