top of page
  • 執筆者の写真慎也 松木

【2023年完全版】Amazonで爆売れさせる商品ページの作り方(画像解説付き)

更新日:2023年11月20日




今回は僕自身が4000商品以上をOEMで取り扱った上でこのように新規商品ページを作ればいいよ!

という20230年時点の完全版の内容を初心者の方用に盛り込みました!



4000商品以上を扱ってる中小企業の会社はさすがにないんじゃないかな?

と思っています。


今の時代はAmazonで販売するならOEM、せどり、欧米輸入全てで新規商品ページを作る技術は必要になってきました。


え?せどりでも??

と思ったんじゃないのでしょうか?


今回はOEMを軸にお話ししますが、OEMは自社ブランドなのでもちろんの事


せどりもセットにしたり、今までに出ていないメーカー商品の販売をする事で当分の値崩れ防止になります。


欧米輸入も日本でまだ販売していない海外メーカーを出品する事で必須です。


なので、Amazonで販売していく以上この「売れる新規商品ページ作成方法完全版」の


スキルは必須になると思われます。


実際に僕のYouTubeやTwitter、公式LINEなどの各種SNSには


キーワード選定はどうやっていますか?

商品ページの作成方法が知りたいです

OEM時の商品登録のやり方が知りたいです

エラーコードの対処方法が知りたい


など数多くの質問をいただきます


確かに普通に考えたら、、、


OEMをしたいが単純なせどりで商品を仕入れたら納品して

即販売のようなという事をしていて、いきなり新規商品ページと言われても

正直何から手をつけたらいいかわからないですよね。。


その結果、、


・OEMを始めようと思っても

 難しすぎて出品までいかない


・やることが多すぎて気づいたら

 出品すら出来ずに1年以上経っている


こんな経験あると思います。


特にAmazonに関しては毎日のように仕様や規約が変わるので、商品ページ作成1つを取っても年々難しくなってきています。


7年前

適当に必要項目だけ入れて商品ページを作ったら売れていた


5年前

画像の質、文章のクオリティを上げなくてはいけなくなってきた


2年前

エラーコードなどが出るようになり、より複雑化した


実際に弊社も最近のAmazonでの新規商品ページを作る場合は非常にストレスがかかります。


しかし、今回お伝えしていく内容ができなければ商品は全く売れなくなるし、

魅力的な商品ページが作れなければライバルに勝てない。


つまり無駄なお金や時間を使ってしまうことになります。


そんな残酷な状態になりたくなければ、

今回のブログを最後まで見ることをオススメします!


ブログの途中で弊社が使っている、テンプレートなども無料プレゼントするので

注意深くブログを見てキーワードを拾って下さいね!


それでは早速本編に入っていきます!


事前準備


まずは事前準備です。

いきなりセラーセントラルを開いて商品ページを作ろう!ではないです。


まずはキーワードの精査方法について解説していきます!


KWは商品名、裏KW、出品後の運用で必須になってきます。


ここではこちらの項目が学べます!


・分析ツールでライバルASINから

 関連キーワードを抜き出す方法


・抜き出したキーワードを自身の商品に

 当てはめていく方法


・タイトルの作成

・検索キーワードの作成

・広告キーワードの作成


今回は例として弊社でも販売している「ふくらはぎサポーター」


キーワードの精査では『セラースプライト』というツールを

使用します!







手順①

セラースプライトにログイン後

 『キーワード』をクリック


手順②

プルダウンメニューから

 『キーワード逆引きリサーチ』をクリック



『日本・直近』になっているかを確認してライバルとなる、ベンチマークしているASINを入力し右のリサーチをクリックする。





ASINに関連するキーワードが表示されるバリエーションがある際は1番数字が大きいバリエーションでキーワードを表示させるその後、『エクスポート』をクリック



エクスポートするとExcelがダウンロードされる

       ↓

1行目にフィルターをかける

       ↓

『検索数』を『昇順』にする



検索数が大きい順に

(今回ならふくらはぎ サポーター)


1つ1つキーワードをAmazonで検索していきます!

関係のないKWも出てくる可能性がある為です




Amazonで検索すれば商品一覧が出てくるため、

自分の商品と類似か用途が同じような商品が出てくるか確認


今回販売する商品と関連がありそうですね!




キーワードを1つずつ確認していって

自分が販売する商品との関連性を色分けしていきます!


自社では下記の判断で色分けをしています!


黄色:関連性が深いキーワード


青色:関連性がないわけではないが

   深くもないキーワード


赤色:関連性がないわけではないが

   少し浅いキーワード


このキーワードを色分けしていく作業は個人の感覚で

が違う場合があります。


ただし、黄色はほとんど皆さん一緒になるはずです。


今回の商品は『ふくらはぎ サポーター』なので

この商品に関連して尚且つ検索数が大きいキーワードは、

通常メインキーワードになります。


この検索数が大きいだけでメインKWにすると、

『サポーター』などのビッグKWがメインKWになってしまう為です。


検索数が大きくて、Amazonで調べた時に、

自分の商品と関連性が深いものを黄色と定義します。


弊社の場合


黄色:『ふくらはぎ サポーター』

青色:『肉離れ サポーター』

赤色:『サポーター』


と色分けをします。


その理由として


『ふくらはぎ サポーター』は検索数も大きく

Amazonで調べた場合も類似商品が多数表示されます。


『肉離れ サポーター』は類似商品が出てきますが

若干用途の違う商品も表示されるのと検索数がそこまで

大きくないので青色になります。


『サポーター』はKW的には合っていますが、Amazonで

検索すると様々な用途のサポーターが表示されるので

赤色にするといったイメージです。


ここは深く考えすぎても良くないので、シンプルに考えましょう!


水は『水』というキーワードで売れるし


ふくらはぎのサポーターは『ふくらはぎ サポーター』という

キーワードで売れるのです!


この色分け作業を全てのキーワードで行い、関係のないキーワードは消しましょう!




逆引きリサーチを行ったASINに関連するKWが少ない時は

『メインKW』となるKW検索の上位に表示されているASINで

再びセラースプライトの『逆引きリサーチ』を行いましょう!


そうするとまた違うKWが表示されるケースが多々あるので

先ほど同じように色分け作業を行っていきます。


そうやってできる限り多くのKWを発見して精査し

ページを構成する前にあらゆる関連するKWを網羅していく


ここを疎かにすると良い商品ページは作成できないので

何度も繰り返して徐々に上手くなっていきましょう!


次に色の並べ替えをおこなっていきます。




『空白ありのKW』と『空白なしのKW』を

分けた後の3つのステップ


①画像のようにキーワードを分けたらタイトルを考えます。

分ける理由は『検索KW』や『タイトルKW』などは

空白KWでSEO対策することができないからです。


従って、検索KWなどは『空白がないKW』のみで、構成する必要があります。



②タイトルのコツはこちらの3つのポイントです


規約遵守

シンプルでわかりやすい

メインキーワードを絶対に入れる


※タイトルの規約はセラセンのヘルプで確認しましょう。


基本、商品名は下記のイメージで作成します


【ブランド】【メインKW】【仕様やカラー】【特徴】【サブKW①】【サブKW②】


見やすさ、商品が何か分かりやすさを重視し

メインKWは必ず入れて見栄えが崩れない限りはサブKWも入力。


欲をかいてKWを入れすぎると中国セラーっぽくなるので

サブKWは2〜3個ほどにした方が良いです。

※タイトルのKWとKWの間は半角の空白を使う



③次に検索KWを決める


検索KWはカテゴリーによって、文字制限があるためこちらも

セラセンのヘルプで確認しましょう!


基本250バイト以下と覚えておけば問題ないです。


※バイト数のチェックは文字数カウントサイトで簡単にわかります


注意点としてタイトルに使用したKWは絶対入れない事

関係ないKWは入れないようにしましょう。


検索KWの使い方としては見栄えの関係でタイトルに

入れられなかったKWを入れるイメージで作成します。


完成したらエクセルの空いてる箇所に入力しておきましょう!




このタイミングで広告KWもある程度決めておくといいです。


慣れてくるとここで広告KWを完璧に設定できますが、

初めはできるだけ多く広告KWを設定しておき、実際に広告を回す中で

調整をしていきましょう!


ここまでで、KW精査、タイトル、検索KW、広告KWの設計を終えたので

Excelファイルを保存し、ページの下書きを行なっていきましょう!


商品ページ下書きの作成方法


まずは、商品ページ下書き作成用の

テンプレートを用意します。


弊社で使っている下書きのテンプレが欲しい人は

下記から僕のLINEに


『下書きテンプレ』


と7文字で一言一句間違えずに送ってください!


希望者限定で無料でプレゼントします!





テンプレを開いたらKW精査で作成したタイトル等を入力する。



出品カテゴリーはライバル商品を参考に1番適切なものを選択



カテゴリーはライバル商品の『登録情報』の

『小カテゴリー』をクリックして確認できます。



次に商品説明文(箇条書き)を作成します。


そこまでSEO対策に影響しませんがこちらのKWも読み取る為

できる限りメインKWは入れません。


文章としての見栄えが第一優先です。


内容は簡潔に分かりやすく4〜5行ほどにします。

ついでに、登録時に必要になるため梱包サイズも入力します。




説明文はカタログの上記部分に反映されます。



商品の特徴や用途、お客様目線で確認したい情報を記載する事が重要です!



商品ページ画像作成方法


次に画像作成業者へ簡易指示書を作成します



作成してほしい画像イメージや文言などできるだけ

細かな内容を伝えるだけです。


Amazonではカタログの画像とA +コンテンツの画像を

差し込めるのでカタログの画像(6枚)と

A +コンテンツの画像(5〜7枚ほど)の

作成依頼を行いましょう!



参考URL、参考画像や、イメージ画像などを挿入して

作成業者さんがわかるように指示をしていきます。


カタログに使用する画像サイズは

TOP画像(1500*1500)

2〜6枚目画像(1000*1500)


バリエーションの場合はTOPのみバリエーション分作成します。


ここでの作業は何度も行わないと上手くなりません。


コツや正解などはないので

『どうすれば業者さんに伝わるか?』

しっかり考えて依頼しましょう!


また、画像の構成は売れてるライバルを研究して

自分なりに何度も変えて研究していくしかありません!



1枚目:TOP画像

2枚目:見出し画像

3枚目:比較画像

4枚目:商品説明画像①

5枚目:商品説明画像②

6枚目:返金保証画像


基本は上記の構成でOKです。



A +コンテンツは様々なバリエーションで作成できるので

色々試してほしいのですが、1番多く見るモジュールサイズは

『970×600』です


基本は上記サイズを5枚作成し商品説明がしっかり伝わり

お客様にセールスをかけるような画像を作成しましょう!



指示書を作成したらファイルを保存し取引のある作成業者にサンプルと指示書を送付し

画像を作成してもらいましょう!


以上が商品ページ作成の下書きです!


FBA商品登録


FBA商品登録で必要なもの


・商品ページに必要な下書き

(タイトル、検索KW、説明文等)


・商品画像


・JANコード


セラーセントラルにログイン後、

『カタログ』をクリック



『商品登録』をクリック

『Amazonで販売されていない商品を追加します』をクリック




この画面が表示されたら×をクリックする



該当する小カテゴリーを入力後、検索をクリック



小カテゴリーの例


<スポーツ&アウトドア

 <アウトドア

  <アウトドア用クッキングツール


該当するカテゴリーが表示されたら『選択』をクリック



※画像のようにカテゴリーが見つからない場合は

部分一致で検索or次の方法でカテゴリーを選択しましょう。




まずは該当の大カテゴリーをクリック





大カテゴリーから順に中/小カテゴリーを選んでいく


該当の小カテゴリーまで進んだら『選択』をクリック




タイトルを入力しバリエーションがある際は『はい』を選択

バリエーションテーマを選択し『続行』をクリック




※バリエーションテーマがない場合は『いいえ』を選択し

『製品コード』『商品名』を入力し『続行』をクリック







※カテゴリーによって内容は違いますが、などのフラッグが

立っている箇所は必須項目のため先に入力します。


ここでは記載されている内容を良く確認し、該当する情報を入力しましょう。


よくあるのはブランド名やサイズ、対象性別/年齢です




バリエーションがある場合は、バリエーションページで

まず『バリエーションネーム』を入力します。


Addをクリックで登録可能(複数ある際は1個ずつ行う)




⑧SKU、JANコード、JANコードタイプ(EAN)、

コンディション、価格等を入力する。


必須項目以外は入力しなくてもOKですし、SKUも指定がなければ空白でOKです。




新たにフラグが立つこともあるので必須項目を入力して空白を埋めます。


必須項目を入力するとエラーコードが発生するケースもあるため、

その場合は日付がわかるスクリーンショットを撮影し、

『テクニカルサポート』に問い合わせしましょう。



必須項目を入力したら『全ての項目』にチェックを入れる

『説明文』や『画像の挿入』『検索KW』

の入力が可能になります。




説明文は箇条書きの『商品の仕様』に入力していきます。

『さらに登録』をクリックで行を増やすことが出来ます。




箇条書き部分は商品ページの赤枠部分に表示されるます。


検索KWを入力する




検索KWはカテゴリーで規約が若干違うが基本的には、、


KWとKWの間は半角の空白

250バイト以下

タイトルと同じKWは入力しない

関係ないKWの羅列はしない


規約の詳細はセラーセントラルのヘルプから検索しましょう!




画像は『画像タブ』のページからアップロード可能

左から順に1枚目、2枚目、、と表示される



バリエーションがある場合の画像の挿入は商品登録をした後に

子ASINから行う必要があります。


在庫管理画面から子ASINを開き『詳細の編集』をクリックし

画像タブのページから画像の挿入を行いましょう!



『詳細』では様々な情報が入力可能ですが

最低でも『梱包重量』『梱包サイズ』の入力を行いましょう。

ここまで入力したら『保存して終了』をクリック


A+コンテンツ登録方法




しばらくして在庫管理画面を開くと登録した商品ページが反映するので、

その後A +コンテンツの作成と挿入を行います。


次にA +コンテンツを作成していきます。

在庫タブの『商品紹介コンテンツ管理』をクリック





管理ページに移動したら右上にある

『商品紹介(Aプラス)コンテンツの作成を開始する』をクリック



ベーシックの作成をクリック



コンテンツ名を入力(何でもOK)し『モジュールを追加』をクリック



モジュールでは画像サイズや機能、デザインなど様々なものが選べる

自分で色々見てどれを使うのか決める必要があります。

ちなみに弊社が良く使うのは300*300の3枚が横並びのものか

900*670の大きいモジュール1枚のものです。



モジュールによっては画像以外にもテキストや見出しの挿入が

可能なので、ただコンテンツを作成するだけではなく

お客様にどう見せたいのか?などを考えて作成しましょう!



モジュールが完成したら、右上にある

『次:ASINを適用』をクリック



検索窓に子ASINを入力すると該当商品名が表示されるのでクリック

※バリエーションの場合は親ASINに反映させるのではなく

子ASINに反映させる。



『コンテンツを適用』をクリック



『適用済みASIN』に該当商品が表示されたらOK

バリエーションがある場合はすべての子ASINを追加する

数が多い時は一括アップロード機能を使いましょう!


一括アップロードのやり方



Excelを開いて列にA +を反映させたいASINを入力して保存する


『一括アップロード』で完了



ページ右上にある『次:確認して送信』をクリック


最後にコンテンツを確認して問題なければ『承認用に送信』をクリック



この後、Amazonに審査が通るので反映するまで待つ。

最大7日ほどかかるケースもあります。


却下された場合は文言がNGなケースがあるため

テクニカルサポートに確認しましょう!



赤枠をクリックすることで審査ステータスの確認が可能です



承認済みであればカタログにA +コンテンツが反映されています。

これで商品登録は以上です。


エラーコードが発生した場合の対処方法


Amazonでは常に色々なトラブルが発生します。


どの都度テクニカルサポートに問い合わせを行い

解決していくしか方法はありません。


Amazonで販売するにおいての問題解決は

時間もストレスもかかると認識しておきましょう!



商品登録をする際、初めて使用するブランドはほぼ間違いなく

『エラーコード』が発生します。


登録時に良く出るエラー


エラーコード:5461

エラーコード:5665


これを解決するには赤線で求められる資料の提出が必要です。



5461は登録したいブランド名が使用されていたり

UPC /EANが使用されている際に発生します。

テクサポの担当によりますが解除が難しい傾向にある。



5665はAmazonに登録されていないブランドを初めて登録する際に発生します。


5665は比較的簡単に解除が可能です。


基本的に求められる資料は以下です


ブランド名

ブランド名が印字されているパッケージ画像か本体画像


紙タグやOPPロゴでは解除しにくいので

しっかり作っているパッケージか本体ロゴを用意しておくと

解除しやすいです。



恒久的にロゴが印字されているパッケージ、または本体の画像



資料が用意できたら赤線のフォームから解除申請を行う



ページに移行したら順番に回答する


カテゴリーを選んだり資料の添付をおこなっていきます。



最後に送信すると数日間の審査があります。


不備がある際は都度、Amazonのケースに連絡があります。


詳細がわからない場合はそのケースで担当者に確認し求めてくる資料や対応を

行いましょう。


エラーコードの対処方法は以上になります。



ここまでが売れる新規商品ページの作成方法になります。



Amazonで新しく商品ページ作成に取り組もうと

思っている人、特にOEMをやりたい方にはかなり有料級なコンテンツを

提供できたのではないかと自負しています。



特にOEMはこれだけめんどくさい作業があるので

ライバルはやりたがらないし、勝手に参入障壁が高くなっているなという印象です


とは言え、どこのOEMスクールでも実際に商品リリースまで辿り着く人は20%程です。

これは僕がOEMのコンサルをしていた時も含めて統計で出ています。


なので、とりあえずOEMで稼ぐ人を増やす為に弊社ではこういった販売までの準備はもちろん商品のリサーチの所から販売や運用までを、全て完全放置できる仕組みを整えています!


実際にこの完全放置の仕組みを使って

利益を上げてもらっている人の一部を紹介すると、、



月収30万円



月収25万



月収50万


皆さんにはOEMで発生する面倒な作業


・商品リサーチ

・商品ページ作成

・納品作業

・広告運用

・管理業務


これら全てを弊社に任せてもらっています


そんなOEMの作業を全て完全放置できる

仕組みが知りたいという人は僕のLINEをお友達追加して

情報を受け取って下さいね!





Line登録すると豪華8大特典プレゼント!


✅月100万稼げる中国輸入転売ロードマップ

(動画10分&PDF10ページ)

✅中国輸入転売で月商2000万円を達成した具体的リサーチ術

(動画30分)

✅業界最安値の輸入代行サービス利用権

✅知らないとヤバい輸入時の法律知識まとめPDF


✅月100万稼げる欧米輸入転売ロードマップ

(動画15分)

✅欧米輸入で月商1000万を達成する為に必須の準備事項PDF

✅月商1000万を達成した欧米輸入のリサーチ術


✅超有料級!これ1本で中国輸入OEMの全てがわかる極秘セミナー(動画60分)


ということで今回も最後まで見てくれて

ありがとうございました。


【古着KING】

公式インスタグラム


公式Twitter


【完全放置型OEM】

公式インスタグラム


公式Twitter

0件のコメント

Comments


bottom of page